スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【グリザイアの果実】蒔菜ルート感想

『グリザイアの果実』蒔菜ルートの感想です。


【簡単なあらすじ】
「私のパパになってください!」
ある日唐突に、蒔菜は雄二に告げる。
蒔菜の並々ならぬ思いを感じ取った雄二は父親になることを決意。
平和な日々が続いていたが、ある日妹の沙里菜が爆破テロに遭ってしまい、蒔菜はお家騒動に巻き込まれてしまう。

入巣家は政治、産業などに深く関わる一族で、直系派と分家派による醜い争いが行われていた。
(蒔菜の父親もその争いの犠牲者で、入巣家の不正を暴こうとした際に蒔菜の目の前で射殺された。)
直系の長女である蒔菜は妹が事故にあったことで、家に戻ってくるように言われるが、それを拒否。
しかし、分家側の嫌がらせによって周りまで巻き込むことになってしまい、悩み苦しむ。
そんな蒔菜を守ると決意する雄二だが、彼の元に入巣蒔菜暗殺の指令が下される。
蒔菜を守るため、雄二はある行動をとる。



【感想】
蒔菜かわいそうすぎる(´;ω;`)
家族は家のことしか考えてないから、蒔菜を「利になるかどうか」でしか見てないし、唯一の見方だった父親も目の前で殺されるし…
蒔菜CG3


誘拐事件で救出されて、病院で目を覚ましたとき、お母さんとお婆さんが告げた言葉
"どうして生きて戻ったの?"
お前らホントに家族かよ…

やっぱ大きすぎる家系はいいことないね…
(蒔菜が当主の座に着くことを拒むと、世界の景気が1.7%ダウンするらしい。蒔菜の影響力やべえよwww)

「…嫌だな…私と一緒に居る人は…いつも迷惑するのよさ…」
この台詞の重さ…
実際、蒔菜がアルバイトしてたパン屋は燃やされるし…
蒔菜が泣きながら燃えているパン屋を見るシーンは辛かった
まきなCG1


そして、
雄二がイケメンすぎた。

「このままマキナを見捨ててみろ…10年経っても、俺はマキナの墓前で顔を上げることも出来ないクズ男になっているだろう…」

蒔菜のために国家を敵にして、戦う姿がカッコいい。
まきなCG2

何があっても蒔菜を守ろうとする姿は、
蒔菜の「誰も守ってなんかくれなかった」暗い過去を払拭するものだったはず。



蒔菜の天真爛漫さと変な方向に頭が回る独特の感性好きだなぁ
プロフィールみる前から、AB型だとわかってしまうww
あと、シリアスなシーンで、由美子を美子(よしこ)って呼ぶなww



個人的に感動したのは、蒔菜と雄二がみんなと別れるシーン
このシーンはアニメでも感動した(*´ω`*)



あと、何気に雄二の過去の描写が多い気がした。
・何年経っても色あせない粘つくような記憶…

・これだけ殺しても、俺はまだ救われない。

・“すまんな…雄二…生き方を教えてやるなどと大それたことを口にして置きながら、結局は陽の当たらない仕事の手腕を仕込むだけで精一杯だった…”
--それでも俺は、アンタに十分感謝しているんだ。

・“私が死んで、1年経ったら私を忘れろ”と。
「…それでも、やっぱり一人は寂しいもんだな…麻子…」


麻子はいい女だよ、ホントに。
麻子については迷宮のときにガッツリ紹介します!


あと、蒔菜の可愛さを言葉とCGで伝えようと思ったんだけど、
やつは実際動いているのを見てもらわないと伝わらないことに気づき、断念。

気になる人はアニメ見るかゲームやってください!!

次は順番どおり、天音いくかなぁ。
ではでは!
関連記事


人気ブログランキングへ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arcadiax.blog.fc2.com/tb.php/52-172a0c2d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。