スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【オレのラブコメヒロインは、パンツがはけない。】2巻感想 あざとすぎる新ヒロイン登場 !!

ライトノベル『オレのラブコメヒロインは、パンツがはけない。』2巻の感想です。

1巻の感想はコチラ↓↓
http://arcadiax.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

2巻では、エロマンガを書かないとラッキースケベに遭遇するという後輩ヒロインが登場。
ノーパン#2扉絵

今夜のマンガ(意味深)

※ネタバレがあります。ご注意ください。
後輩ヒロインktkrと思って読み始めたら、かなり内容盛りだくさんでした(笑)


【イントロダクション】
及川弥代は図書準備室でエロマンガの原稿を見つけてしまう。
書いていたのは『屈折のデザイア』に悩む後輩・日高千編。
彼女は、自分がヒロインのエロマンガを1日3枚描かないと、ラッキースケベにみまわれてしまうらしい。



弥代は現象を確かめるために、千編とデートすることになるが、
お約束どおり、奈々と茜(と理央)もついてくることに。

ハーレム展開きたぞおおおおおお

そして、奈々が可愛すぎる…!!

弥代に対して、積極的にアピールしまくる二人。
「あの、ね?私も新しいコートがほしいから、弥代くんにえらんでほしいな。弥代くんのセンスだから選んでほしいんだし。」
「――あたしだけは特別って、言ってほしかったな」

発言がいちいち可愛すぎて、何度悶えたことか……!
発言以外でも、王様ゲームや弥代とプリクラをとったりとラブラブイチャイチャ全開!

まぁ、弥代はラブラブイチャイチャしてる自覚ないんだけど(笑)

初めて3人を見た千編ですら、
「及川先輩は、二人の気持ちに気づいてないんでしょうか…?」
と言ってしまうくらい、積極的な二人は最高でした!

そんな千編もラッキースケベと後輩のあざとさで二人の嫉妬を買うという、いい役回りでした(笑)



ラブラブイチャイチャしながらも、現象を確認した弥代。

千編のデザイアはおそらく「男性恐怖症なので、それを克服したい」というものらしく、
その願いが屈折して、ラッキースケベという現象に至る。

具体的には
バスで居眠りして、起きたら裸ワイシャツ姿になっていた
とか
女子トイレに入ったら男子トイレになっていた
とか。

屈折のデザイアさん、いろいろあざーす!!!(歓喜)


そんな千編の『屈折のデザイア』を解決しようとする弥代だが、
千編のクラスメイト・真島信也のせいで、それどころではなくなってしまう。

この真島ってのがクソ野郎なんですよ……

真島は千編のことを好きで、「私は日高さんの全てを受け入れることができる」とか言いながら、エロマンガ原稿を描いているという事実を知った瞬間、「絶望しました。」と手のひらクルーするクソ野郎。

そして、こいつが自分の勝手な理想を信じたいがゆえ、ことを大事にし、千編を不登校にさせてしまう。

ホントにクソだな、こいつ……



弥代は千編を救うために動くんだけど、ここで弥代は大きく成長する。
ここは2巻の見所の1つ。

弥代は真島が「自分の理想を押し付けている」のを見て、
今まで自分も「他人、つまり女子の在り方をこっちで勝手に決めていた」ことに気づく。

一つ何かがちがえば、真島みたいになっていたかもしれない。

これをきっかけに、弥生はこれまで女子を否定していた自分を見つめ直し、女の子の気持ちを汲み取る努力を始める。

普通の人からすれば当たり前のことだけど、弥代にとってはすごい大きな進歩で感動した。
それくらい弥代が女子から受けたいじめはひどいからね。。

・骨折ややけどレベルのいじめは普通。でも、それは事前に痛みに準備できるからまだ耐えれた。
・「真島。お前、1vs50、1vs100とかで殴られたことないだろ。」


いや、ホントよく普通の高校生やってるよ……(´・ω・`)
弥代を支えた二人の幼馴染の偉大さを感じる!


ちょっと話が逸れたけど、弥代が大きく成長した!!
その一因として、千編の存在も大きい。

不登校の千編を見て、
「俺には幼馴染の二人がいたから、今こうしていられるけど、もし二人がいなければ、今の千編のように絶望して、自分の世界に閉じこもるしかない。」

ここでも彼は思う。
一つ何かがちがえば、千編のようになっていたかもしれない。

そんな彼女だからこそ弥代は千編の気持ちを理解でき、助けようと思えた。

一つ何かがちがえば、同じになっていたかもしれない。
そんな正反対だけど、どこか似ている千編、真島の二人は2巻のキーキャラクターでした!



さて、千編の不登校も無事解決(屈折のデザイアは解決してないけど)、弥代も成長し、今後どうなるかが注目ですが、、

注目ポイントは3つ。

①奈々と千編の『屈折のデザイア』
②理央と弥生の後日談
③奈々vs茜のヒロインバトル



①奈々と千編の『屈折のデザイア』
奈々は自分の『デザイア』の正体に気づいた。
『運命の相手に自分の全てをさらけ出したい』

つまり、弥代とくっつけば解決するー???
奈々の『屈折のデザイア』が今後どう変化していくかには注目ですね!!

一方、2巻でほぼ解決されていない千編のデザイアについては、
多分投げっぱなしになる予感がします…(;^_^A

千編が弥代を好きになって、正妻戦争に参戦するかな?と期待してたけど、
最後に「先輩と私はずっとずっと友達です。また遊んでくださいね。」と言い去っていくあたり、今後はたまーに登場するヒロインという役回りになりそう。
そうなると、あまり今後は千編にあまりフォーカスしないんじゃないかなと予想。


②理央と弥生の後日談
2巻の最後で理央と弥代の姉・弥生の会話があり、そこで明かされる理央の真実。
ボクは『男の娘』として、弥代が触れ合えない女子の『代用品』をする。

幼馴染を救うため、幼馴染を守れなかった罪悪感のため、あえて男の娘を演じていた理央。
ホントいい幼馴染だぜ(´;ω;`)

さらに、二人は弥代の彼女として奈々と茜のどちらがふさわしいか話す。
理央は幼馴染として、長年の「努力」を見てきた茜を応援する。
弥生は姉として、女子への気持ちを変えた「結果」を評価して奈々を応援する。

ボクと彼女は、お互いの幸せな結末を願いながら、敵対することになる。

まさかのここ二人の対立は意外でした!
影で弥代を支える二人の今後のやり取りも期待です。


③奈々vs茜のヒロインバトル

お互い積極的にアピールしてるが、弥代にはまだ想いは届いていない様子。
茜は誕生日プレゼントとして弥代にキスするが、それでも弥代は気づかない。
この鈍感ヤロウめ、そこ変わってくれよ

奈々はクリスマスを一緒に過ごそうと弥代に提案する。

そう、季節は冬になる――

恋の季節がやってきますよ!!
二人の動向と弥生の気持ちの変化に注目!





以上、長くなりましたが、
『オレのラブコメヒロインは、パンツがはけない。』2巻の感想でした。

3巻の発売が楽しみすぎるのですが、あとがきを読む限り、2巻で打ち切りの予感が……(´・ω・`)
うーむ…続きがよみたいでござる

みんな1巻と2巻を買って、KADOKAWAに3巻の発売をさせようズ!笑


ではでは!!

関連記事


人気ブログランキングへ
[ 2015/07/20 18:17 ] ラノベ/コミックス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arcadiax.blog.fc2.com/tb.php/110-a68d4d08







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。